有限会社岡田木工製作所_会社情報タイトル

ご挨拶

 

 当社は刃物の町関市で創業し、主に刃物の柄を中心に製作してまいりました。

輸出用製品の製作や、国内向けポット、アイスペールのフタ・ハンドル製品を主軸とした時期を経て、近年はNCによる精密加工をはじめ、楕円加工・八角加工等の加工技術を用い、様々な木製品の製作を行っています。

さらに現在は、人工大理石の加工も可能となり、その高い品質に信頼を頂いています。また、当社は銘木の加工や、研磨も得意としています。

 

 今後もより良い製品の提供を目指し、社員一同邁進していきます。

 

代表取締役 岡田 武史



会社概要

会社名  有限会社 岡田木工製作所
 創業   1957年
設立  1968年12月18日
代表  岡田 武史
所在地  岐阜県関市肥田瀬345番地
 電話番号  0575-22-5007
FAX  0575-22-5038
資本金  450万円
 事業内容  包丁・ナイフの柄、木製ドアノブ、モデルガンのグリップ、その他木製品の製造
 従業員数 

6人

沿革

昭和32年 

関市倉知にて 岡田木工製作所 創業

現在に至るまで主に包丁の柄を製作

昭和32年~

包丁の柄付けを行う(木材:ローズ・さくら)

昭和42年 

12月 関市ひかり町(現 肥田瀬)刃物工業団地開設に伴い移転

昭和42年~

輸出用洋食器刃物製品を製作(ステーキナイフ・栓抜き・バーセット)

昭和43年  12月18日 有限会社岡田木工製作所となる
昭和50年~平成元年 陶ポットの蓋を製作
平成元年  NC導入
平成2年  7月5日 代表取締役社長に 岡田尚武 就任
平成8年  木製ドアノブの製作
平成18年  モデルガンのグリップ製作
平成25年 

平成24年度ものづくり補助金取得

代表取締役に 岡田武史 就任

平成30年 

平成29年度ものづくり補助金取得

平成31年 

和包丁の差し柄(八角型)製作

地図